トランス脂肪酸の恐怖をじっくりとご覧ください。

また、逆にオメガ3の油の接種の必要性をよくお考えください。

トランス脂肪酸って、なに?

近年、新聞や雑誌でも「トランス脂肪酸」に関する記事を多く見かけます。 トランス脂肪酸とは、マーガリンのような加工油脂やスナック菓子、インスタント食品、牛や反芻動物の肉などに含まれる脂肪酸の一つです。例えば加工油脂の場合、液状の不飽和脂肪酸を固形にしなければなりません。その際、水素をくっつけて飽和脂肪酸というものに変化させるのですが、この作業の段階で発生するのがトランス脂肪酸なのです。

健康に悪いトランス脂肪酸

生理的な活性が高い通常の脂肪酸は、酸化や劣化がしやすいという欠点があります。 そのため食品に用いる場合には水素をくっつけ、性質を安定させた飽和脂肪酸に変化させています。このような処理を施すことで食品の日持ちが良くなるわけですが、一方で水素を添加する過程で人体に悪影響を与えるトランス脂肪酸が発生してしまうのです。

トランス脂肪酸が招く病気とは?

天然には存在せず人工的に作られたトランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減少させて悪玉コレステロールを増加させるなど、人間の健康に悪影響を与えると言われています。 その結果、トランス脂肪酸を大量に摂取し続けると、様々な病気を引き起こす危険があります。ではトランス脂肪酸は、どのような病気を引き起こすのでしょうか?

トランス脂肪酸対策

日本人の食生活の欧米化

悪玉コレステロールの増加を招くトランス脂肪酸は、健康を害して動脈硬化や心筋梗塞、その他様々な病気を招くと言われています。西欧諸国では既にトランス脂肪酸に対して規制を設けていますが、日本人の食生活ではトランス脂肪酸の摂取量は少ないとされているため、国内ではこれといった規制がされていないのが現状です。辛うじて厚生労働省発表の「第6次改訂 日本人の栄養所要量」で、以下のような警告の文章が出された程度です。

健康診断、国民健康保険で受けられますので、各自治体へお問い合わせください。

自信の健康状態を知って、初めて対策は取れます。
また保険加入してから、病気が発覚してももらえないこともありますので、専門家へ是非ご相談ください。


Copyright c 2007 トランス脂肪酸の恐怖 All Rights Reserved.